適当な施術をされているのかも

人によっては、専門学校などで専門的な知識や技術などを学んだ方で国家試験に合格している方が整体師として仕事を行っていると考えている方もいるかもしれませんが、整体師という仕事は国家資格を取得している方が行っているというわけではありませんし、そもそも整体師という国家資格はありません。そのため、大学や専門学校などで知識や技術などを学んだり国家試験に合格していなくても、整体師として名乗ることができますし、患者さんに施術をすることや開業することもできます。しかし、整体師として仕事をするためには人間の体や特徴についてなどをはじめ専門的なさまざまな知識が必要ですし、技術や経験なども重要です。そして、整体師として仕事をしている方の中には、専門学校などに通っていなくても独学で知識を学んだという方や資格を取得していなくても技術を身に付けている方などもいます。しかし、患者さんとしては施術を行う方がどのくらいの知識や技術を身につけているのかなどを把握することは難しいですし、資格を取得していなくても仕事ができるとしても、資格を取得している方と取得していない方を比べてしまうと、人によっては適当な施術を行っているのかもや適当な施術をされてしまうのかもなどの不安を感じてしまう場合があります。そのため、国家資格はありませんが、さまざまな学校や団体などが発行している民間資格を取得することができます。民間資格を取得するためには養成学校や専門学校などに入学してカリキュラムを修了したり試験に合格する必要がありますが、専門学校などで民間資格を取得することによって、整体についての知識や技術などを身に付けていることを証明することができますし、適当に行っているのかもと疑問や不安を感じている患者さんの信頼を得ることに繋がります。そして、患者さんにとっては、民間資格を取得していることが整体師などを選ぶ際の重要なポイントになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>